header image

« 6月 2022 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 8月 »

 

All posts in 7月, 2022

レオ君、ママのスリッパを朝の一服。。。(苦笑)
IMG_7159

 

IMG_7155

レオ君が人だったらクサヤの香り好きになるのかなぁ。。。

 

                            
 

さて。

7月末に長野県は白馬村にある北アルプスは唐松岳(2,696m)に行ってきました341.gif IMG_7096初めて登った山がこの唐松岳。

9年ぶりの再訪です…

当時はヒィーヒィーいって登りましたが、9年の時を経てだいぶ快適な登山となりました。

 

 

八方池山荘前泊、朝5時朝食、6時に登山開始です。IMG_7057天気予報では朝7~9時は278.gif、昼過ぎから279.gifマーク。午前中が勝負です。

 

山荘出て最初の木の階段。。。
IMG_7058が、ガスってますぅ~388.gif
 

それでも最初のケル “ 石神井ケルン ” 辺りから青空が見え始めました。
IMG_7062

 

観光名所八方池直前の八方ケルン(2,035m)
IMG_7063

 

よしよーし237.gifこのまま八方池で北アルプス一の絶景を見せてくれ~いと期待を込めて石ゴロ道を登りましたが。。。
IMG_7064

 

うんむぅ~。。。
IMG_7070八方池上空は晴れても周辺の山々は雲の中356.gif
 

ちなみにガイドブックにある八方池はコチラ。。。
スクリーンショット (175)のコピー

 

気を取り直してドンドン進んでいきます。
IMG_7076<ダチカンバの林>

 

【扇雪渓】
IMG_7079ガスっちゃってます。

 

ちなみに9年前の扇雪渓はコチラ。
9-2

 

更に更に進んでいきます。

9年前の記録だとここから「とにかく足場が不安定で滑りやすいわりに、道幅が狭く傾斜なので、よろけて一歩外側に足を踏み出したら奈落の底。写真ではわかりにくいですが、高いところが得意な私でも下を見ると足がすくみました。」とありましたが、9年経ってかなり登山道が整備されていて危ない道程は殆ど無くなっていましたよ。
IMG_7081

 

雷鳥母子ご対面。可愛い鳴き声でした238.gif IMG_7085

 

たくさんの可憐な高原植物たちに癒やされつつ更に進みます。
IMG_7086

 

あうぅ356.gifこのまま山頂もガスの中か236.gif IMG_7088

 

っと進んでいくと。。。唐松岳がちょこっと顔を出してくれました。。。411.gif352.gif IMG_7090

 

そして唐松岳山頂山荘に到着。
IMG_7093

 

重たいザックを置いて軽装で山頂に向かいます。
IMG_7097

 

山荘から登り20分、下り15分。
IMG_7096

 

山頂着237.gif217.gif IMG_7100

 

山頂で30分くらい晴れ間を待ってましたが~。
IMG_7105

 

唐松岳天空は青空になるものの、周りの山々からはなかなか雲が退いてくれません。
IMG_7112

 

IMG_7108

 

360度パノラマが拝めず残念でしたが、天気予報が優れない中、八方池山荘道程から唐松岳上空だけは青空にしてくれた山神様に感謝237.gif421.gif
私の唐松岳への9年越しの想いを、
山神様が汲んだ下さったのだろうなぁと感じました352.gif
 

高原植物が最盛期。
IMG_7116

 

可憐な彼等達に癒やされながら下山しました。
IMG_7117

IMG_7120

 

IMG_7123朝6時登山開始して八方池山荘に戻ったのが11:40。

 

下界におりて楽しみにしていた八丁ノ湯日帰り温泉。
0000261689新宿行き急行バス亭「白馬八方」から徒歩一分もしないところにあります。

改装されてキレイになっていました。

PH11を超えるアルカリ温泉で、露天風呂には天然水素が含まれています。小じんまりながら軽食食事処あり。

 

そして東京へ。。。

 

21:00帰宅。

IMG_7131
レオ君が「晩飯まだ~」という顔していますが237.gif
キャットシッター治田さんが今日もミンニャのお世話&ご飯来てくれたのママは知ってるんだぞ~392.gif219.gif




にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

154.gifポチッとお願いニャン

 

318.gif  あ  318.gif  り  318.gif  が  318.gif  と  318.gif  う  318.gif
 

 

元気印の鈴ちゃんもこの暑さで遊び方がグータラ気味icon_lol.gif IMG_6845

 

IMG_6852

 

オモチャ操縦しながらスマホカメラはピントが合いませんが、元気な鈴ちゃんを記録に残したいと思います。
IMG_6847

 

今年は特に猛暑で不在中猫達の体調が気になるところですが、我が家の寝室や玄関の日中気温は24~27℃をキープしている様子。
IMG_6850 (1)留守中猫達のシッターお願いしている治田さんにクーラータイマーお願いするものの、毎度「そんなに気温が上がっていないのでエアコン付けませんでした。」とレポートが。

我が家は夏は日差しが部屋に入らず、比較的過ごしやすいので助かっています。

 

                            
 

さて。

梅雨が明け登山シーズン到来で、またもや山に行ってきました。

長野は白馬村にある唐松岳(2,696m)です。
IMG_7097

9年前、初めて山に登ったのがこの唐松岳。

山頂からの景色に感動し、またいつか登りたい!と思っていた山でした352.gif398.gif
コースはだいたいこんな感じ ↓ (『信州山歩き地図』参照)
IMG_6979

 

東京のバスタ新宿から高速バスで約5時間で八方白馬バス停着。
IMG_6980バス停はモンベルショップに併設されています。

 

バス停から徒歩10分ほどにあるゴンドラリフトに乗り継ぎ。。。(約8分)
IMG_6984

 

更にアルペンクワッドリフトに乗り継ぎ。。。(約7分)
IMG_6995

 

更に更にグラードクワッドに乗って。。。(約5分)
IMG_7011

 

やっとやっと登山口となる八方池山荘に到着237.gif IMG_7017
今回はココに前泊して唐松岳は日帰り登山です。

有名な唐松岳山頂山荘に宿泊予定でしたが、従業員さんがコロナ要請となり営業中止となったため断念です。

 

山荘の近くに売店があり、多くの登山客が休憩していました。
IMG_7018

 

ソフトクリーム¥300
IMG_7034良心的な値段にビックリ。汗だくの登山客さんに大人気でした。

 

山荘からの下界の眺め。
IMG_7021

 

明日登る予定の唐松岳は分厚い雲に覆われがち。。。
IMG_7046梅雨が明けたという割に山の天気予報は二転三転。どうやら明日は昼過ぎから雨、場合によっては雷もとのことでした。

 

 

さて。

山荘ですが、とても快適に過ごさせて頂きました237.gif
入口入ってすぐの食堂。
IMG_7025漫画本がたくさんあり、単独登山の私でも長夜退屈しないですみました218.gif391.gif
 

IMG_7031

 

洗面所(夜はお湯が出ます)と、その奥が風呂場です。
IMG_7026

 

コロナ関係で今はシャワーのみ。
IMG_7032浴槽は2人は入れるかどうかのコンパクトなものでした。

 

お部屋は6畳のところを1人で使わせて頂きました410.gif341.gif IMG_7030お布団が5組あったので本来は5人部屋ですね。

 

シャワーを浴びて一休みしたら夕食タイム341.gif 419.gif
食事が評判の山荘と口コミでありましたが、まさに期待を裏切らない内容にビックリ363.gif363.gif IMG_7051

 

バイキングで10種類。しかも手作り感満載237.gif237.gif IMG_7052

この日のメニューは、以下の通り。

●野沢菜漬け
●小谷漬け
●山菜の煮物
]●オクラの胡麻和え
●カボチャの煮物
●ナスの炒め物
●赤魚の西京焼き
●鶏の唐揚げ ⇐熱々341.gif
●海老カツ(タルタルソース) ⇐海老の身がプリプリで驚き363.gif
●豚の角煮

 

しかも山とは思えない良心的なアルコール値段363.gif217.gif ロング缶¥500て363.gif IMG_7048生ビール¥700だし237.gif237.gif(普通山荘だと生中¥1,000)

 

こちら朝食です~318.gif IMG_7054

 

そしてこれが昼弁当。
IMG_7103おにぎり2つと、おかずはブリ焼き、豆甘煮、卵焼き、肉団子、春巻き、エビマヨ。

ガッツリご飯頂いて、翌朝は6時に登山開始。

長くなりましたので、登山レポは次回237.gif217.gif



318.gif  あ  318.gif  り  318.gif  が  318.gif  と  318.gif  う  318.gif
 

 

御年13才のレオ君。

暑さに負けず元気です238.gif IMG_7142レオ君、その元気の秘訣はなぁに361.gif
 

それは。。。

それは。。。

ママのスリッパ臭を清涼剤に361.gifしているから361.gif363.gif IMG_6866

 

 

IMG_6873

 

 

IMG_6874

 

IMG_6869くぅ~~~たまらん237.gif237.gif
とマタタビ以上に酔いしれるレオ君の姿を複雑な心境で眺めるクマ妻です。。。404.gif



318.gif  あ  318.gif  り  318.gif  が  318.gif  と  318.gif  う  318.gif
 

私の愛して止まないレオ君238.gif御年13才238.gif IMG_6809猫って年を重ねても愛らしさが変わらないところが偉大ですよね。。。238.gif
 

キリリっとしたレオ君ですが。。。IMG_6832

あれれ361.gif 耳が黒くなってきてる363.gif363.gif IMG_6833白猫は紫外線に弱く、耳の癌や病気になりやすいと聞いているので病院に行って検査をしてもらいました。

毛を抜いて毛穴皮脂を調べてもらいましたが、特に異常は無いとのこと。重篤な病気に繋がる症状では無いこと。健康診断含め血液検査もしてもらいましたが健康優良児で、まぁアゴニキビと同じようなものだとのことでした。

耳の先端はデリケートゾーンであまりゴシゴシ擦っても良くないけれど、キレイなレオ君のお耳、気になります356.gif
 

                            
さて。

夏休み到来。

皆様いかがお過ごしでしょうか361.gif
私は姉と避暑地でデュオキャンプしてきました。
1
東京から2時間半でいける【清里 丘の公園キャンプ場】です。

標高約1,200mに位置する林間サイト。

大自然の緑の木々に囲まれてのんびり過ごすにも最適218.gif291.gif また隣接する施設には、掛け流しの天然温泉やプール、テニスコートにパターゴルフ場もありファミリーにも人気のキャンプ場です。
12年前に訪れていて、とても素敵なキャンプ場だったので、再訪した次第。施設の紹介は前回のレポートで見てみて下さいね218.gif
 

ここは交通の便は車以外無くて、徒歩キャンパーな姉妹は清里駅からタクシー5分でキャンプ場へ。

清里駅周辺にはスーパーは無く、駅近くにファミリーマートがあるのみ237.gif
※ファミマはおにぎりや弁当の数は少ないですが、カップ麺や酒類は充実。お土産や地元特産品もあり、広くてキレイではあります。

更にキャンプ場の売店には食品は置かれていません356.gif
(※板氷なし、飲料用氷はあり。缶ビールや缶酎ハイはほぼ品切れ状態)

そんなことで食材は全て予め準備しておく必要がありました356.gif
徒歩キャンパーにはこのキャンプ場は難易度高めではあります。。。

 

が、キャンプ場自体はとても素敵なところです~352.gif 2私たちはD-52サイト(AC電源付)。

ここは炊事場とトイレが近く、温泉までも徒歩3分ととても良いサイトです341.gif
 

デュオキャンは各自キャンプグッズ持参だから統一感がないところがインスタ栄えませんね-389.gif355.gif 7

 

 

近くのフラワーガーデンもお花たくさん咲いていてお散歩に最適353.gif 3

4

5

 

 

さて。

徒歩デュオキャンのキャンプ飯は以下の通りでした。
8食材全て持込だから軽量化に努めましたよ356.gif
クーラーボックスには2L水を凍らせて入れました。涼しいキャンプ場でしたので、それで持ちこたえることができました。

 

このキャンプ飯缶シリーズ使ってみたかったんですよね~341.gif IMG_6767

 

野菜はこのドライ品で乗り切りました。
IMG_6958 【吉良食品】のこだわり乾燥野菜

これ安心食材だし、膨張率もよくてGOOD237.gif
 

IMG_6914スープ缶の感想としては。。。「コンソメに水で良かったんじゃ?」と姉に言われてしまいました389.gif355.gif
 

昼から燻製とアヒージョで乾杯306.gif IMG_6916至福のヒトトキです343.gif
デュオキャンですからスモーク器は100均のパウンドケーキ型で充分218.gif
 

缶詰のチキンドリア試しましたが画像撮り損ないました。口コミで味が濃いめとあったので、タマネギとピーマン、ソーセージを追加して炊いたらちょうど良く美味しくできました218.gif
 

夜は茹でないパスタをメスティンで。
IMG_6785 2

 

具材セットして炭火の上に置いて待つのみ237.gif IMG_6932

 

煮汁が少なくなってきたらヘラで混ぜて味見をして塩胡椒で調整。
IMG_6933簡単で旨旨~341.gif
日頃焚火を娘に譲りがちな姉は焚火も堪能218.gif 6

やっぱりソトでの飯はうまいね237.gif
 

徒歩キャンで食材調達不可能なキャンプ場は荷物も増えて難儀しますが、もう少しギアを減らしてメニューを工夫して身軽に出かけたいものです。

318.gif  あ  318.gif  り  318.gif  が  318.gif  と  318.gif  う  318.gif
 

 

熱帯夜が続き、どうにもこうにも夜はエアコンが欠かせなくなった今日この頃。

猫達はエアコン風を避けるように出窓で就寝するようになりました。
IMG_6768

 

IMG_6769蘭ちゃん。

 

レオ君はエアコン風がない時は私の手が届くベット端で寝てくれるんですが。。。エアコン付けるとこちらに移動してしまいます。ちょっと寂しいです356.gif IMG_6770

 

                            
 

さて。

梅雨明け直後の良き日に北アルプスの燕岳に行ってきました237.gif
1-2<燕山荘からの眺め>

今回は登山レポート295.gifです。

登山口から山頂までのコース詳細は『信州山歩き地図 南信編』に詳しく載っています。
2

 

登山口にはトイレ有り。これより先は合戦小屋までトイレがないので済ませておきます。
IMG_6579

 

中房温泉から合戦小屋まではは30分程で第一ベンチに着きました。特に難しい足場も迷いもなく進めました。
IMG_6597第一ベンチから50m下方に水場もあります。

 

それからカラマツの太い根っこに注意しつつ進み...
IMG_6601

 

第2ベンチ着。
IMG_6600

 

時折チラッと見える山峯に気分良くしながら更に進みます。
IMG_6603

 

第3ベンチ通過。。。
IMG_6604

 

そして富士見台ベンチでは富士山も拝めました237.gif263.gif 437.gif IMG_6611

 

春夏は空が霞むので富士山難しいかなと思っていたので感激352.gif IMG_6612

 

更に進んで、合戦小屋手前の急登りを頑張れば。。。
IMG_6615

 

合戦小屋着237.gif IMG_6617

 

6月でしたが梅雨も明けたこともあり名物スイカも食べることができました341.gif IMG_6618汗だくだったのでスイカの甘い果実が五臓六腑に染み渡りました~352.gif398.gif355.gif
 

食事も充実していると思ったら、ココまでの物資は荷上げようケーブルで運ばれてくるようです。
IMG_6749

 

合戦小屋からは視界が開け展望もよくなり、いかにも稜線付近という気持ちのいい道に341.gif IMG_6621

 

大してキツい急斜はなく、遠くの山々や足下の高山植物を愛でながら進みます。6月末で残雪は殆ど残っていませんでした。
IMG_6636

 

いやぁ~爽快341.gif爽快341.gif IMG_6637

 

合戦小屋から1時間ほどで燕山荘着238.gif IMG_6641

清潔さ、設備、食べ物、サービスとどれをとってもトップクラスの山小屋「燕山荘」。泊まってきてその人気の秘訣が分かりました。燕山荘のレポートは次回に237.gif
 

燕山荘で不要な荷物を預かってもらえるので身軽になって燕岳山頂に向かいます。
IMG_6660

 

山荘から山頂まで片道30分、高山植物を愛でつつイルカ岩を拝み、
IMG_6662

 

メガネ岩を通り過ぎると。。。
IMG_6676

 

山頂です352.gif IMG_6673

 

いーい眺めだ237.gif IMG_6672

 

ずっと眺めていたい238.gif IMG_6669 (1)

 

けどお腹も減ったので山荘に戻り山菜うどん(¥1,000)を。
IMG_6680この景色を堪能しながらの昼飯はサイコーです341.gif
 

 

次回は燕山荘レポートです237.gif
 

318.gif  あ  318.gif  り  318.gif  が  318.gif  と  318.gif  う  318.gif