header image

« 9月 2022 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

 

 

 

9月後半の3連休にキャンプに行ってきました。

東京から1時間半ほどでいける自然豊かなキャンプ場。

もう3度目になります湯河原温泉(源泉)を堪能できるキャンプ場

【湯河原温泉 神谷キャンプ場】です。
IMG_9590<管理棟前Bサイトからの眺め>

高台にある奥湯河原にあるので、キャンプ場の目の前には岩戸山、霊山である日金山の峰々がキレイに拝めます。湯河原駅から車で10分ほどですが、ナビ通りにいくとかなり狭く急坂を上ることになりますので、オレンジラインを通っていくのがコツです。タクシーだと湯河原駅から¥1,800くらいです。

キャンプ場の詳細は、前回のブログでレポートしております217.gif
進化中!温泉のあるキャンプ場!①施設編

進化中!温泉のあるキャンプ場!②サイト&買い物編

 

我が家から近いことも有り3度目の利用。

何といいますか、アットホームで親戚の敷地で過ごしているような気分になれるキャンプ場です。

2022年9月連休は2回とも台風に見舞われましたね。

ですが奇跡的なことに、この奥湯河原は暴風雨に見舞われませんでした。

正確に言いますと、

暴雨&雷には見舞われましたが、

暴風を免れたのです237.gif237.gif
 

361.gif
だって雨スゴかったんだったらダメじゃん363.gif
という声も聞こえそうです。。。

我が家も今回キャンセルするかとても迷いましたが、

キャンプにおいて最大の難敵は「風」と「雪」。

雨に関してはキャンプ場の地面の水はけの良さと、

最終日テント撤収の天候が重要になってくるのかと思います。

お子様連れのキャンパーさんですと雨で出かけられない、外ではしゃげないことはキャンプキャンセルの理由になりかと思いますが、ここは元々山の中で温泉以外何もないところですので。。。大人キャンプは雨がキャンセル理由にならず、温泉だけ堪能してテント&タープでゆっくりしようということになりました。

 

奇跡的にテント設営時は雨が上がっていました。
IMG_9579

 

 

年頃(二十歳)の姪っ子&そのお友達のテントは別棟。
IMG_9585ケシュアのポップアップテント。耐水性200mm/m²/h(熱帯降雨に相当)のテントですが、長時間の降水量を見越してタープも被せました。地面も水はけの良い砂利だったこともあり、最大降水量(37mm/h)が何時間か続きましたが浸水無しでした237.gifこれも奇跡的に風がなかったことが幸い237.gif237.gif
 

ロゴスの大きなタープ「プレミアム キャンパーズタープ-BJ」(8角形でサイズ:約幅440×奥行460×高さ230cm)とツールームテントで窮屈な思いをすることなく雨キャン楽しみました。
IMG_9594

 

記録のために・・・キャンプ飯メニューは以下の通り。
menu

 

画像は殆ど撮れませんでした。。。

IMG_9595<熊野牛サーロイン>

 

IMG_9603 (1)フォーはサッパリしていてBBQ翌日の朝食にうってつけです。

フォー麺は予め家でぬるま湯に20~30分浸けて水気を取ったあと、個食に分けて冷凍保存。そうするとキャンプ当日は熱湯に軽くくぐらせるだけで食べられます218.gif
スープはカルディで購入のフォーガースープの素を使用。しっかり本格的なチキンスープですが、もうひと味欲しかったらナンプラーを足して下さいね。どっちのでも美味しいです。
26133839150_1cca4c0f99

具材はお好みでしょうが、我が家は鶏胸チャーシュー、魚肉団子、ゆで卵、もやし、小口ネギ、パクチー、タマネギスライス、ドライタマネギ、ライム と具だくさんに218.gif
 

うなぎ飯には茗荷、すりゴマ、錦糸卵、紫蘇をトッピング。サッパリしていて美味218.gif IMG_9597

 

串カツ画像残ってなかったので以前やった時の画像を。残り油は固めてテンプルで処理。
IMG_8016

 

撤収日、昨日までの天気とは打って変わって朝から晴天237.gif278.gif
心配していたテントやグランドシートもお天道サんの力でキレイに乾きました237.gif217.gif IMG_9586

いやぁ~今回のキャンプでまたサバイバル術をスキルアップできました。

このところの天気は予報と実際とだいぶ違うし、直前まで決行するか否か迷い処ですが、 ①キャンプ場の地面の水はけ具合を予め確認と②雨対策、③風の有無、④撤収日の天候さえ押さえておけば雨キャンプも季節によってはいけそうです。

あ、雨対策グッズとして①レインウェア、②ガラスワイパー(撤収前にタープやテントの余分な水分を取り除くと乾きが早いので)、③ガイロープは多めに用意、④地面に溜まる雨水の通り道をスコップやハンマーで作る。などです。

mono57302376-170407-02ガラスワイパーはこんな感じの。

 

318.gif  あ  318.gif  り  318.gif  が  318.gif  と  318.gif  う  318.gif
 

 

9月7日から海外からの帰国者でもワクチン3回打っていればコロナ陰性証明不要になりましたね237.gif
旅行業界もグングンも景気グングン盛り返しているのだとか218.gif411.gif
 

我が家も3年ぶりにアメリカに行ってきました341.gif
ラスベガス → アリゾナ州グランドキャニオン → セドナへトレッキングの旅です217.gif
 

ラスベガスらしいド派手な楽しい町並みや。。。
IMG_7772

 

ショーを堪能352.gif IMG_7868<シルクドソレイユ O>


 

今回はクマオ氏だけでなく、姉と姪っ子も一緒のにぎやかな旅でした341.gif 12a0c08d4fce1e6ad97f10dcbb14.22082821二十歳の姪っ子。青春真っ只中。羨ましい237.gif
 

ラスベガスから車で5時間。

グランドキャニオンの地球規模の壮大な景色を楽しみました352.gif IMG_8053


 

柵は殆どない2,000m以上の渓谷の際をトレッキング。
IMG_8318


 

風も無く天気にも恵まれました。
IMG_8337

 

グランドキャニオンにはたくさんのトレイユがあり、渓谷の下まで下りました。
IMG_8302下から仰ぐ600万年かけて培ってきた地層はまた大迫力でした。

 

世界有数のスピリチュアルスポット、セドナでもパワースポットのカセドラロックをハイキングしてきました。
4788499381388260999.d7c5602cf3a8c4b44b626e5c61de902a.22090219ハイキングといいつつ、トレイユはけっこう急勾配や滑りやすい箇所もあり。

 

だけどこの絶景352.gif IMG_8612

 

IMG_8608

 

ここはガイドブックに載っていないけれど絶景スポットDevil bridge
IMG_8672

また追ってアメリカレポート詳細をアップしていきたいと思います237.gif
 

 

318.gif  あ  318.gif  り  318.gif  が  318.gif  と  318.gif  う  318.gif
 

毎朝ストレッチを欠かせない鈴ちゃん
IMG_7196

 

鈴ちゃんはスタイル抜群の4歳児。

美ボディの秘訣は毎朝の、このストレッチにあるのかな361.gifなんてね237.gif IMG_7197

 

                            
 

さて。

8月の先日、私、また1つ年をとってしまいました。。。390.gif355.gif
ついに半世紀生きてしまいましたよ。。。

人生100年時代、残りの人生も元気でありたいものです。

そんな願掛けもあって、美味しいものを食べに行きました343.gif419.gif
 

分厚い肉が食べたいねってことで伺ったのが町田にある【薪焼ステーキ コケット(STEAK COQUETTE)さんです。
スクリーンショット (179)のコピー

地元である武相(東京都南多摩地域と神奈川県相模原市周辺)の食材にこだわった本格ステーキレストラン。雑多な街あるとは思えない異空間で素敵な時間を過ごさせて頂きました352.gif
 

取っ手のない大きなドアを開けると、オシャレなBARが。
IMG_7514

 

ここでウェルカムドリンクを頂いてから、いざレストラン席へ。
IMG_7516

 

今回は区切りの日ということで奮発して「熟成サーロインとスペシャリテのステーキコース」をお願いしました238.gif421.gif IMG_7518

 

ドリンクメニュー。私たちはペアリングをお願いしました。
IMG_7519

 

とりあえず、喉を潤すいっぱいは期間限定パイナップルエールを。
IMG_7523約600Kgのゴールデンパインを使用した夏季限定のフルーツビールだそうです。果実はビールが発酵する前の麦汁(ばくじゅう)に投入。果実と麦汁を一緒に発酵させることで、泡までほんのり甘いパイナップル風味のビールです。

日本ではビールに果物を使用する場合、麦芽量の5%以内と決められています。このビールには麦芽量30%の果物を使用しているとのことでパイナップル感まんさい237.gif
 

【前菜8種】
IMG_7521どれも工夫と手間がかけられていて、今まで味わったことの無い新鮮なお味でした318.gif
 

【至極のフォワグラムース-シガー仕立て-】
IMG_7526隣のBARは夜はシガーバーになるそうで、そこからヒントを得たメニューだそうです。

 

それに合わせ手頂いたのがシェリー酒。
IMG_7530イダルゴ ペール クリーム>甘かったけどむちゃくちゃ美味しかった。。。

 

【三浦鮮魚のポワレ ヴァンブランソース】
IMG_7533毎度思いますが、魚の焼き加減がこの上ないですにゃ。

 

ペアリングにはオレンジワインをリクエスト
IMG_7535
<ストリ・マラニ キシ 辛口>

 

モッチリしたフォカッチャ登場。
IMG_7539

 

そしてメインディッシュの薪焼きステーキが登場です352.gif217.gif
【熟成 黒毛和牛 熟成サーロイン肉のロースト
マデラソース 小清水野菜の塩パン包み】
IMG_7541

牛肉は二人前400gの塊肉。

シェフが三時間かけてお肉を薪の炎から焼いて表面を固めた後、じっくり炭火、オーブンを駆使して丁寧に焼き上げられた逸品341.gif
 

カットして頂きました。柔らかそう~352.gif IMG_7547

 

岩塩と手作りマスタードで頂きました。
IMG_7554脂の旨みが凝縮された力強い味わい354.gif217.gif
 

ペアリングはもちろん赤ワインで。
IMG_7549エラスリス エステート カベルネ ソーヴィニヨン 2020>チリ

 

【辻ファームのフルーツトマト デザートマルゲリータ】
IMG_7556バジルソースがかかっていて甘しょっぱくて新鮮でした352.gif424.gif
 

最後に誕生日にデザートプレートとワインをサービスして下さいました341.gif IMG_7561

 

クマオさん、一緒にお祝いしてくれてありがとう237.gif IMG_7558-1

この年になると健康のことばかり考えちゃう356.gif
もういい年になってしまったし、日々健康に気をつけながら、私に関わる全ての人が笑顔でいてくれるよう気持ちを割いていきたいと思います。

今までの私を培ってくれた全ての皆さんにご恩返しとエールを送れるよう、人間力を磨いていきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

154.gifポチッとお願いニャン

 

318.gif  あ  318.gif  り  318.gif  が  318.gif  と  318.gif  う  318.gif
 

 

我が家では私専用のスリッパが2足あります。
IMG_76071つはペラッペラのスリッパですが。。。

 

なぜ2足あるかといいますと、レオ君が私のスリッパLOVEですぐ乗っかってしまうからです。icon_rolleyes.gif355.gif IMG_7590こうやって乗ってる分には退かしたりするのですが、

 

両前足を入れてここまでしっかりスリッパ使われると退かすのが忍びなくなります。。。
IMG_7584


 

退きたくないオーラ。。。
IMG_7585


 

スリッパが見えなくなるくらい乗っかって、
IMG_7587


 

ツチノコポーズ
IMG_7589朝の忙しい時もスリッパ独占するものだから、取り上げるのは諦めて2足スリッパ使うことになった次第です。

 

こっちのペラペラのスリッパでも乗っかりたいみたい。
IMG_7597

困ったもんだっ389.gif355.gif
 

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

154.gifポチッとお願いニャン

 

318.gif  あ  318.gif  り  318.gif  が  318.gif  と  318.gif  う  318.gif
 

 

                            
 

梅雨明け直後の良き日に北アルプスは涸沢に行ってきました218.gif411.gif IMG_7203

 

横尾橋を渡ってからもしばらくは平坦な道が続きます。
IMG_7359

 

IMG_7362

 

IMG_7367

 

IMG_7368

 

1時間くらいで本谷橋に着。
IMG_7371

 

川の水がきれいなので、登山客が身体拭いたり頭洗ったりしています。が、水は飲めませんので要注意。
IMG_7374

 

奥深く登っていきます。
IMG_7384

 

IMG_7389

 

ここらは紅葉の時期、日本一有名なフォトスポットです354.gif212.gif IMG_7392

 

IMG_7395

 

3時間もかからず宿場に着。
IMG_7404

 

涸沢ヒュッテは涸沢カールのど真ん中に建っており、デッキからの穂高連峰の眺めが素晴らしすぎます352.gif IMG_7411

 

私が宿泊するのはテント場先に見える【涸沢小屋】です。
IMG_7414

 

IMG_7415

 

涸沢ヒュッテ売店名物のおでんを頼んでみました。
IMG_7418本当は「おでん+生ビール」が定番ですが、まだ午前中で酒飲むのは憚られ断念。。。

 

 

いやぁ~良い眺めだ352.gif IMG_7420

 

まだまだ時間があったので、北穂方面と。。。
IMG_7433

 

奥穂高方面にも足を伸ばしてみました。
IMG_7436

 

昼寝岩を過ぎ。。。
IMG_7439

 

ザイテングラート手前まで。
IMG_7443ここから先は岩稜の急な登りが連続する上級者コース。ポールはしまって手と足を使って慎重に登って行かねばいけません。ヘルメット必須、岩を落とさないように注意して登っていくようです。

さすが3,000m越えると天候が変わりやすく、この日の12時過ぎには稜線が濃い霧に包まれ、小雨も降ってきました。

 

この日までの遭難発生マップ。
IMG_7456けっこう負傷者居ますね~。奥穂高より北岳の方が遭難者多いのね。難易度も上なのかしら。。。

 

軽装で上がってきてしまったので、慌てて涸沢小屋まで戻り念願の生ビール341.gif275.gif IMG_7459

 

涸沢小屋デッキからの眺め。
IMG_7423

 

<山小屋デッキメニュー>
IMG_7432

 

涸沢小屋チェックインは10:00から。

<自炊&日帰り登山客用食堂>
IMG_7431

 

部屋数は少なく、大部屋が基本。
IMG_7428

アイマスクと耳栓必須です。消灯は20:30

IMG_7429
個室もありますが、+¥16,000

 

夕食は17:30~
IMG_7469

 

朝飯は5:30~
IMG_7471

ご飯、味噌汁おかわり自由なので皆さんお代わりしていました。

 

宿泊時の日の入りは18:48、日の出は5:01でしたが雲は多く眺めはイマイチ。夜も雲で星空が拝めませんでした。。。
IMG_7472

 

 

翌日は雲が多く風が強かったものの青空が。サクッと下山。
IMG_7482

 

IMG_7485

 

IMG_7487

 

上高地バスターミナル付近の日帰り湯は以下の通り。
IMG_7489下山時間によって入れるお風呂が違ってきますね。

 

日帰り湯に入ったあと、お蕎麦とビール217.gif411.gif IMG_7491ざる蕎麦¥1,100。

6時間歩いてお腹すいていたので大盛り食べたかったけど、大盛りは¥2,000もするので断念。。。406.gif
 

B1サイズ(728×1,030mm)の上高地・奥穂高・槍ヶ岳の地図を購入343.gif IMG_7509

どこに飾ろうかなぁ~341.gif
来年こそ、奥穂高~前穂高から上高地に下りるコースにチャレンジしたいなぁ~398.gif355.gif
318.gif  あ  318.gif  り  318.gif  が  318.gif  と  318.gif  う  318.gif